奈良人 in CT
1日1クリック

よろしくお願いします。

こんなやつです

巳波裕介

Author:巳波裕介

気になるトピックをどうぞ

最近の記事

これまでに書いた記事

全ての記事

全ての記事を表示する

Eメール送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

websites

このブログをリンクに追加する

おすすめ外国語学習ソフト

アメリカのメインサイト:

Rosetta Stone - Fastest way to learn a language.

紹介記事はこちら

おすすめ外国語学習ソフト

日本のサイト:Rosetta World

ブログ内検索

他のブログ

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳

キャリーバッグの中にキャリーバッグ

今日は北京語言大学の近くの「超市発」というスーパーに行ってきました。

昨日もここでシャンプー、サンダル、トイレットペーパーなどを買ったのですが、うっかり泡立てネットを買い忘れたからです。

ここはスーパーなのですが、シャンプー、文房具などのコーナーごとにいちいち伝票を書いてもらった後レジに行ってお金を払い、また戻ってきて商品を受け取るということをしないといけないのです。


さて、シャンプーコーナーで泡立てネットを探してみるも見当たらない。

店員さんに「体を洗うときに使う網」と必死に説明してみるが、まったく伝わらない。


おそらく

「この外国人は体を洗うのにいったい何使ってんだ?」

と思われてたと思います。(笑)


別の店員が来てまた説明してみると、

「ああ体こするやつね。あっちのたわしのところにあるよ」

と教えてくれました。


今思うと「体を洗うときに使う網」でよく通じたなと思います。

しかもセール中で1.5元(20円ちょい)!

泡立てネットは中国語では「沐浴球」というみたいですね。



さて泡立てネットに近くに旅行用かばんコーナーがあります。

実は旅行用の新しいソフトキャリーバッグが欲しかったのです。

軽いのが欲しかったので試しに大きめのやつを持ってみると…


重い…


いや、ちょっと重いとかじゃなく、半端なく重いのです。


取っ手の近くを見てみると「中に別のが入っています。」と小さく書いてあるシールが貼ってあります。


開けてみるとなんと別の一回り小さいキャリーバッグが入っていました。

あのロシアの人形の中に人形が入っているやつみたいなかんじです。


店員さんに「これはセットになっているのか?」と聞いてみたら別だと言う。

ためしに別のキャリーバッグを開けてみると大量のウェストポーチが入っている。

どうやら仕入れるときにコンパクトにして運びやすくするために大きいかばんの中にいろいろいれたみたいです。

中身出そうよ…

結局450元(7000円ほど)の香港製の大きいやつを選んで、自転車で引っ張って帰りました。


ちなみに北京ではスーパーやショッピングセンターの前に自転車を停めると1~3角(1~4円ほど)の駐車料金をとられます。


今書いてて思ったけど、中身が入っているキャリーバッグを買うときに店員さんがあの小さいシールを見落とすと福袋状態ですね。

こんなんで大丈夫かな…?







スポンサーサイト

[PR] 台湾語・中国語の翻訳

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

北京で見つけた興味深い広告

DoXXXmon ZhiChunLu
(知春路駅にて)

著作権的には問題なさそうだが…


[PR] 台湾語・中国語の翻訳

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

南山スキー場2回目

無事北京からアメリカに帰ってきました。


実は北京にいる間にもう1回スノーボードに行ってきました。

場所は前回と同じ南山スキー場です。

平日だったのですが、前回と同じくらい人がいました。


今回はジャンプ台に挑戦してきました。

だいたい高さ1m、距離3mくらいはジャンプできたと思います。(多少誇張有り)


最後には一番急な上級コースにも挑戦してきました。

傾斜角度32度とかなり急で、途中お尻をついたら、ボードでブレーキしていたにもかかわらず、そのまま100m以上滑っていきました…


帰りには三元橋近くの北京風の鍋料理屋で羊肉のしゃぶしゃぶを食べてきました。

SanYuanQiao hot pot
別にキレてないっすよ…







[PR] 台湾語・中国語の翻訳

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

北京ブロガー交流会

昨日、第9回北京ブロガー交流会(Be-Bloggers 9.0)に行ってきました。

北京でブログを書いている日本人の交流会でしたが、北京滞在1か月のみの自分もなぜか参加してきました。

アメリカに留学しているとほんと世界にはいろんな人がいるなと思いますが、今回の交流会に参加された人もほんといろんな人がいました。(月並みな言い方になってしまいますが)


北京の古くからの町並み(胡同)の保護などのボランティアをしている方。
北京オリンピックの選手の撮影をしていた方。
北京のイギリス大使館に勤めている方。
中国の放送局に勤めている方。
翻訳作家の方。
日本人向けフリーペーパーの編集者の方。
清華大学の研究機関で研究されている方。
アメリカの大学を卒業、日本で就職、退職後、北京に来て北京の大学院に行く予定の方。
版画を勉強しに中国に来た方。

などなど。


このような機会がないとまず会えないような方ばかりでした。

主催者の方に感謝いたします。



場所は大望路駅近くの「和飲輪飲」というカフェ。

なんとビルの35階に入っていました。

北京にこんなところがあるんですね。

いい景色でした。

Beijing city 2

Beijing city 1
ちょっと煙が気になる…

Beijing city and me original
逆光…





[PR] 台湾語・中国語の翻訳

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

北京南山スキー場

年が明けて4日(日)にスノーボードに行ってきました。

南山スキー場(http://www.nanshanski.com/)というところです。


北京市の郊外にあり、つい最近開通した直通バスで1時間ほどで着きます。(地下鉄三元橋駅の近くから8:30に出発)

事前に電話予約して行ったらリフト、レンタル料終日130元(+デポジット)、大きめのロッカー代10元、直通バス往復30元でした。


華北エリアで最大のスキー場と聞いていたのですが、おそらく日本の感覚では中規模、下手をすると小規模に分類されるくらいの大きさでした。

ナイターはなく、17:30までです。

とはいえ、初級者、中級者、上級者コースがいくつかそろっていて、大きいジャンプ台やハーフパイプもあり、十分な規模だと思います。

コースはスキー専用、スノーボード専用、そして両方可のところに別れています。

北京周辺は雪が降らないので、雪は人口ですが、適度な硬さでなかなか滑りやすかったです。


スキーウェアはできるだけ持参したほうがいいと思います。

レンタルウェアはデザインがいっしょで見た目が少し悪いのと、濡れたまま貸し出すことがあるようです。(一緒に行った友達のレンタルウェアは少し濡れていました。)


レンタルのスノーボードと専用シューズはまあまあ。(専用シューズの金具が一つとれていましたが)


ひとつビックリしたことは、レンタルのスノーボードにボードと足をつなぐ流れ止めのひも(リーシュコードというらしい)がなかったこと。

日本では危険防止のために必ずつけるようになっていると思うのですが、中国のスノーボードにはないのでしょうか。

危ないなあと思っていたら、実際スノーボードが滑り落ちていくのを見ました。

気をつけましょう。


Beijing Nanshan Ski Resort

Beijing Nanshan myself

BJ Nanshan snowboarding M

BJ Nanshan napping M




[PR] 台湾語・中国語の翻訳

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。