奈良人 in CT
1日1クリック

よろしくお願いします。

こんなやつです

巳波裕介

Author:巳波裕介

気になるトピックをどうぞ

最近の記事

これまでに書いた記事

全ての記事

全ての記事を表示する

Eメール送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

websites

このブログをリンクに追加する

おすすめ外国語学習ソフト

アメリカのメインサイト:

Rosetta Stone - Fastest way to learn a language.

紹介記事はこちら

おすすめ外国語学習ソフト

日本のサイト:Rosetta World

ブログ内検索

他のブログ

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳

退学手続完了

今日、早稲田大学理工学術院長(の代理?)の方との面接に行ってきました。

面接のときに退学届を提出して、学生証も返しました。

一ヶ月前の学科主任の教授との面接と合わせて、これで退学手続が完了したことになります。

後は、6月の教授会議?にかけられて、そこで正式な退学通知が郵送されるそうです。



アメリカに詳しい方だったようで「コネチカット州にあるWesleyan大学に行く」と言ったら

「コネチカットのどのあたり?」

と聞かれました。

「HartfordとYale大学の間」と答えると

「New Englandのいいとこだね。」

と言っていただけました。


また、TOEFLの点数を聞かれ「580点」と答えると、

「少し足りないね。」

と言われました。


それから、大学を中退しても、7年以内であれば復学できるそうです。



その後、推薦状(というかCollege Official's Report)を書いていただいた教授に報告とお礼の挨拶に行きました。




スポンサーサイト

[PR] 台湾語・中国語の翻訳

テーマ:海外留学 - ジャンル:学校・教育

Vassar不合格

Vassar Collegeは不合格でした。


[PR] 台湾語・中国語の翻訳

テーマ:留学準備 - ジャンル:海外情報

最後のCBT...

今日、TOEFL CBTを受けてきました。


すでに編入先は決まっているので関係ないと言えば関係ないですが、iBT移行の前にCBTで250(PBT換算で600)とっておきたかったのです。




結果は…




05/22/2006

Listening 20
Structure/Writing 11 to 28
Reading 26
Total 190 to 247






うーん、というわけでWritingの採点前に夢絶たれました…


Writingは今までで一番うまく書けたんですが。


やはりListeningをもっとがんばりたいところ。



しかしながらもしかしたら自己記録更新かもしれません。


これまでの自己最高は2年前の10月の237(PBT換算580)でした。


そのときのScore Recordは…




10/02/2004

Listening 22
Structure/Writing 25
Reading 24
Total 237
Essay Rating 4.0





Listeningは2年前の11月には23点とれていたので、渡米前までに最低限そのくらいの水準に戻しておきたいところです。






[PR] 台湾語・中国語の翻訳

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

Dartmouth不合格
Dartmouthは不合格ということがわかりました。


ということでWesleyanに行くことが決定しました!


実はDartmouthに受かっても受からなくてもWesleyanに行くことに決めていたのでそれほどショックではないですが、改めてIvy Leagueの難しさが身にしみました。


以下Dartmouthからの通知です。



May 4, 2006

Yusuke Minami

re: Your Transfer Application

Dear Yusuke,

I regret to inform you that we cannot offer you admission to Dartmouth as a transfer student. During these long weeks of evaluating applications, we have tried to bring to our deliberations the care and intensity that you brought to your application. Our selection process, while long and time consuming, did give us the opportunity to read and re-read all of the material in your file.

The selection process does not separate qualified from unqualified applicants. We are convinced that most candidates for admission to Dartmouth would thrive academically and personally at the College. Of the many strong students in our applicant pool, an overwhelming majority is destined to perform extremely well in their future college years. It is only the relatively small size of the transfer group that prevents us from selecting more of our applicants. This is one of the few times we wish we had a larger student body so that we could accept more applicants.

We appreciate very much your interest in Dartmouth and wish you the very best as you continue your college education.

Sincerely,


[PR] 台湾語・中国語の翻訳

テーマ:留学準備 - ジャンル:海外情報

Wesleyan合格!!

今日、FedExで書類が届きました。


差出人は…


「Wesleyan University」!



微妙に厚みがあるぞ…


こ、この厚みはまさか……??


開けてみると…











Dear Yusuke,


Congratulations!











キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!



いやーマジうれしいです。


しかも編入審査官の人が

Hope you'll
join us
here!

と手書きで書いてくれてました。


もしDartmouthに受かるようなことがあれば悩むかもしれませんが、基本的にはWesleyanに行くつもりです。


いやーよかった、よかった。



以下合格通知本文です。


May 12, 2006

Dear Yusuke,

Congratulations! It gives me great pleasure on behalf of the admission committee and the faculty to offer you admission to Wesleyan University for fall 2006. We are enthusiastic about your attendance at Wesleyan because we know you will enrich the Wesleyan community while achieving your academic and personal goals. Your academic strengths and personal interests are particularly well-suited to Wesleyan’s challenging and stimulating educational environment.

(中略)

We hope you will decide to join us at Wesleyan. Please call if you would like to visit or talk with a faculty member or current student. It is important we hear from you no later than June 1st in order to reserve your place for August. To enroll, please return the enclosed Admitted Student Response Form and a $250 admission deposit. Our offer of admission is, of course, contingent upon successful completion of work now in progress. We also expect that you will maintain your personal commitments and good citizenship.

We look forward to welcoming you to Wesleyan.

Sincerely,



[PR] 台湾語・中国語の翻訳

テーマ:留学準備 - ジャンル:海外情報

Epi-PRK手術体験談
4日前に目の手術してきました!


詳しくは前回の記事へ。


そしてやっとパソコン使えるくらいに回復しましたー。


ふりかえると…











夕方、手術準備室に通される。


荷物をロッカーに入れる。


手術用のエプロンみたいなのを着て、キャップみたいなのをかぶる。


ドキドキ。


座らされ点眼麻酔(目薬での麻酔)を3回ほどする。


目のあたりが変なかんじに。



手術室へ呼ばれる。


ベッドに寝かされる。


ゴムボールを握っておくように言われる。


「手術中はこちら側の指示に対してあいづちや返事は一切しないでください。」

声をだすだけで動くからダメらしい。


「手術中は真上に見える緑の点滅の真ん中を凝視していてください。」

同じとこを見続けるって難しい。


まぶたをテープのようなもので固定され手術開始。


まず右目から。


めちゃめちゃビビる。


ビビっていたせいか右目のときはあまり覚えていない。


次に左目。


左目のときは覚えている。


薬液?みたいなのをかけられ、上の緑の点滅がぼやけて見える。


次に何か器具みたいなのが目の表面に当たっているのがわかる。

微妙に痛い。

これはエピトームとよばれる器具で角膜上皮をめくる過程だったと思われる。


そして目に飛び込んでくる映像がいきなり真っ白になって何にも見えない状態になる。

ホワイトアウト?状態。


お次は緑の点滅のまわりに小さな赤い光がたくさんあるような光景が見える。

これはエキシマレーザーで角膜を削る過程だったと思われる。

ビーンという音と、「残り20秒です。」という声が聞こえていた。


保護用コンタクトレンズをつけて手術終了。


手術室に入っていたのは15分くらい。


手術準備室で2、30分ほど様子を見てから、ドクターチェック。


薄目を開けて帰るように言われる。


視力が上がったことはわかった。


受付で手術費14万円を支払う。


手術後に使用する数種類の目薬の説明を聞くが、痛みと涙で目を開けることができず、よく理解できない。



帰宅。



とりあえず

思ったより怖かった…



(((;゜Д゜)))ガクガクブルブル






そんなこんなで確かに視力が上がった気がするけど、目がほとんど開かないし涙があふれてくる。


けど、麻酔が効いてるうちは実はましで、地獄はその夜。


夕食後に薬を飲んですぐ寝たものの、しばらくして痛くて目が覚め、そこから全然寝られない。


涙が止まらない。



実写版「1リットルの涙」









ってドラマも実写や!!









などど突っ込みをする余裕もないほど辛い。


しかも手術前から風邪気味でけっこう鼻がでていたので、ダブルパンチで鼻水がでる。

まわりはティッシュの山。(←マジ)


音楽を聴こうと思ってWindows Media Playerを開こうにも文字は読めないやらクリックアイコン(矢印のやつ)は小さくてどこにあるかわからないやらで、音楽聴くのに1時間かかりました。




夜が明けて、また眼科に検査に行く。


目薬の仕方を聞く。


まだまだ痛いし涙がでる。


夜には少しましになる。


キリンカップのブルガリア戦を実況中心に薄目で観戦。




2日後にはだいぶ辛いのはましになった。

夜には痛みがほとんどなくなる。




3日後、また眼科に検査に行く。


保護用コンタクトレンズをはずす。


次の検査は3ヶ月後でいいとのこと。


痛みはないが、涙は少しでる。


テレビは問題なし。


読書、パソコンはちょっときつい。




4日後の今日には痛みも完全に消え、涙もでない。


テレビ、読書は問題なし。


パソコンの文字は少しぼやけて見づらいかんじ。


視力はたぶん0.6くらいだと思う。


これからも視力は上がっていくらしい。

(ちなみに手術前は右0.02、左0.03)



[PR] 台湾語・中国語の翻訳

テーマ:視力回復 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

明日、視力矯正手術を受けにいきます!
明日、視力矯正手術を受けにいきます。


場所は京都にある安淵眼科というところ。

費用は両目で14万円。なかなかリーズナブル。


LASIK(レーシック)というのはレーザーで目の角膜を削ることにより屈折率を変化させて視力を矯正するという手術ですが、僕が受けるEpi-PRK(エピ・ピーアールケー)という手術はLASIKとは異なります。(途中までだいたい同じようなものですが。)


LASIKは

①専用の道具で角膜の表面をめくる
②レーザー(エキシマレーザー Excimer Laser)を照射することにより屈折率を調節する
③めくった角膜をもとに戻す

という手順で進められます。


最近では①の「角膜の表面をめくる」過程でコンピュータ制御のイントラレースレーザーを使うやり方(イントラレーシック Intra-LASIK)が広がっています。この方法だと、従来の方法より薄くめくれるので、視力がかなり悪い人や角膜が薄めの人でも可能になりました。


参考(ちょっとグロいので注意!)→Intra-LASIKの施術映像



めくった角膜をもとにもどすという③の過程があるLASIKに対して、もとにもどさないやり方もあり、これはPRK(ピーアールケー)とよばれます。

PRKだと削った角膜がむきだしなので、痛みがあり治りも遅いのですが、めくった角膜がはずれるという心配がなく、また、角膜表面が再生するため最終的にはLASIKより治りがきれいになります。


さらに、①の「角膜の表面をめくる」過程でエピトームという器具を使うことにより、めくる角膜を最大限まで薄くするという方法がEpi-PRKです。


Epi→約0.05mmの角膜上皮層のみをめくる
通常のLASIK→角膜実質層を含む0.1mmほどをめくる


仕事を休めない人はLASIKやIntra LASIK、急ぎでない人や格闘技をやる人なんかはEpi-PRKを受けるようです。


僕はもともとIntra-LASIKを考えていましたが、イントラレースレーザー照射には発ガン性が疑われているということと、最終的な角膜の状態を考えてEpi-PRKにしました。



[PR] 台湾語・中国語の翻訳

テーマ:視力回復 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

Beloitでの寮の希望提出
Beloitへ寮に関する書類を提出しました。

先月中にdeposit(入学金)$200を送っていたので、これで健康診断関連以外のBeloitへの手続きは終わりました。



寮に関する書類で聞かれたことは…


smoker or non-smoker

タバコを吸うか吸わないかは最重要項目らしいです。

タバコ関連だけで

喫煙者か非喫煙者か
喫煙が完全禁止のフロア、一部禁止のフロア、解禁のフロアのどれがいいか
同じフロアに喫煙者がいてもよいか
喫煙者と同じ部屋でもよいかよくないか

と質問が多く、喫煙者と同じ部屋でもいいかだけは先に連絡するように書かれていました。



single room or double room

1人部屋か2人部屋か



coed floor or single sex floor

男女混合のフロアか同性だけのフロアか



希望する寮

30個ほどの寮のうちから選ぶ。

その中には

上級生用
言語別(フランス語、スペイン語、ロシア語、ドイツ語)
環境問題に興味がある人
レズビヤン・ゲイ・バイセクシャル・性転換などの支持派
音楽学科の生徒
人類学科の生徒
宗教学科の生徒

などいろいろ。



quiet floor or regular floor

うるさい音をたててはいけないずっと静かな部屋か通常の部屋か

通常の部屋であっても、静かにする時間は設けられている。



alcohol free?

アルコール禁止のフロア希望かどうか

アメリカではどこの州でもアルコールは21歳から(でもタバコは16~18歳から)なので、僕はしばらく飲めないことになっています。お酒を飲んでる人といっしょにいるだけで飲んでるとみなされることもないことはないらしいので気をつけます。


海外関連

住んだことがある国、興味がある国


好きな音楽の種類

70種類から選ぶ。なんとRapとHardcore Rapが区別されているくらい細かい。


寝る時間

2人部屋のときはめっちゃ重要!



自分の性格

60語ほどからあてはまるのを選ぶ。



興味がある学術分野



理想のルームメイト



コメント



とにかくやたら聞かれまくりました。

でも寮は在学生から決まっていくらしいので、せっかく細かく書いても編入生は希望どおりに行かない可能性が高いようです…




[PR] 台湾語・中国語の翻訳

テーマ:留学準備 - ジャンル:海外情報

都落ち~なつかしの我が故郷~
先日、奈良の実家に戻りました。

とうとうってかんじです。


いやいや、それにしても引越大変でした。

荷物が多いのなんのって。

ダンボール箱につめてもつめても、減らない。

おれの部屋ってこんなにモノがあったっけ…??
大して広くもないのに…


洗濯機、冷蔵庫、ベッド、テレビ、コンポ、机、本、服、物干し竿、バランスボール…

このモノであふれる時代に人々の心は豊かになったのであろうか…


などと考えながら荷物を持っていってもらいました。

ちなみになぜか大量にでたゴミも捨てるに捨てられず、梱包して送りました。









そして昨日、荷物が届きました。


いらんって言ってるのに一方的に送ってきたレトルト食品やらお菓子やらをほとんどそのまま送り返すという形になったので、母親半ギレ。

せやからいらんって言うたやん!!


そんなわけで現在、部屋中ダンボール箱だらけで生活中です。




P.S.

引越業者を選ぶうえでちょっとおもしろかったのが引越し比較サイト比較.net

これは数ある引越業者を比較するサイト4つを比較するサイト。

もうわけがわかりません。


もし引越業者を比較するサイトを比較するサイトを比較するサイトを見つけた場合はご一報ください(笑)


[PR] 台湾語・中国語の翻訳

テーマ:大学生日記 - ジャンル:日記



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。