奈良人 in CT
1日1クリック

よろしくお願いします。

こんなやつです

Y

Author:Y

気になるトピックをどうぞ

最近の記事

これまでに書いた記事

全ての記事

全ての記事を表示する

Eメール送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

websites

このブログをリンクに追加する

おすすめ外国語学習ソフト

アメリカのメインサイト:

Rosetta Stone - Fastest way to learn a language.

紹介記事はこちら

おすすめ外国語学習ソフト

日本のサイト:Rosetta World

ブログ内検索

他のブログ

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳

漢語水平考試(HSK)受験結果

実は5月に帰国したときに、就職活動に使えるかなと思って漢語水平考試(HSK)というのを受けていました。(結果的に使う機会がなくなりましたが)

HSKというのは中国政府公認の中国語の試験で、中国に留学するのに必須とされています。
(中国語版のTOEFLみたいなかんじです。)

忘れていましたが、昨日実家に帰ったときに結果が返ってきていました。

結果を報告します。



Listening 51 (4級)
Grammar 66 (6級)
Reading 68 (6級)
Cloze Test 68 (6級)
Total 251 (5級、初等A級)



5級(初等A級)といわれてもどれぐらいのレベルか全然わからなかったので、インターネットで調べてみると



●3級の総得点:152~188点
このレベルは、中国の理工系大学の学部入学最低基準に達しています。一般的に1年間語学留学した者が、最低限達しておくべきレベルとされます。
●4級の総得点:189~225点
このレベルは、一般的に1年間の語学留学で到達できる良好なレベルとされます。
●5級の総得点:226~262点
このレベルは、一般的に1年間の語学留学で、到達できる優秀なレベルとされます。
●6級の総得点:263~299点
このレベルは、中国の大学の文化系学部の入学最低基準に達しています。一般的に2年間語学留学した者が、最低限達しておくべきレベルとされます。
(http://www.e-chinese.jp/information/kentei/kentei-hsk5.html)



ということらしいです。

試験を受けた時点で中国には行ったことがなかったので、アメリカで2年間(夏休みを除いて実質1年半ほど)中国語をとって、中国での語学留学1年分ほどの中国語が身に付いたということになります。
(これってなかなかすごいのでは…?)

アメリカ(というかWesleyan)での中国語のクラスはレベルが高いと思っていたのですが、やはり高かったようです。

スポンサーサイト

[PR] 台湾語・中国語の翻訳

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

こんにちは。
中国語を習い始めたのいつ頃からなのですか?
実はぼくも第二外国語を習得しなければならない理由があるのですが
なかなか時間が見つからず、トルコ語を勉強したいのですが
んー3年生からできるといいんですけど。
それでは。
【2008/09/01 14:17】 URL | aka #- [ 編集]


初めてかじったのは2004年4月から1年間、早稲田大学で第二外国語として中国語をとったときですが、本格的に始めたのは2006年9月にアメリカのWesleyan大学で中国語をとったときです。
【2008/09/02 19:06】 URL | 巳波裕介 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yusukeminami.blog58.fc2.com/tb.php/57-4f138ae5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。