奈良人 in CT
1日1クリック

よろしくお願いします。

こんなやつです

巳波裕介

Author:巳波裕介

気になるトピックをどうぞ

最近の記事

これまでに書いた記事

全ての記事

全ての記事を表示する

Eメール送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

websites

このブログをリンクに追加する

おすすめ外国語学習ソフト

アメリカのメインサイト:

Rosetta Stone - Fastest way to learn a language.

紹介記事はこちら

おすすめ外国語学習ソフト

日本のサイト:Rosetta World

ブログ内検索

他のブログ

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳

北京南山スキー場

年が明けて4日(日)にスノーボードに行ってきました。

南山スキー場(http://www.nanshanski.com/)というところです。


北京市の郊外にあり、つい最近開通した直通バスで1時間ほどで着きます。(地下鉄三元橋駅の近くから8:30に出発)

事前に電話予約して行ったらリフト、レンタル料終日130元(+デポジット)、大きめのロッカー代10元、直通バス往復30元でした。


華北エリアで最大のスキー場と聞いていたのですが、おそらく日本の感覚では中規模、下手をすると小規模に分類されるくらいの大きさでした。

ナイターはなく、17:30までです。

とはいえ、初級者、中級者、上級者コースがいくつかそろっていて、大きいジャンプ台やハーフパイプもあり、十分な規模だと思います。

コースはスキー専用、スノーボード専用、そして両方可のところに別れています。

北京周辺は雪が降らないので、雪は人口ですが、適度な硬さでなかなか滑りやすかったです。


スキーウェアはできるだけ持参したほうがいいと思います。

レンタルウェアはデザインがいっしょで見た目が少し悪いのと、濡れたまま貸し出すことがあるようです。(一緒に行った友達のレンタルウェアは少し濡れていました。)


レンタルのスノーボードと専用シューズはまあまあ。(専用シューズの金具が一つとれていましたが)


ひとつビックリしたことは、レンタルのスノーボードにボードと足をつなぐ流れ止めのひも(リーシュコードというらしい)がなかったこと。

日本では危険防止のために必ずつけるようになっていると思うのですが、中国のスノーボードにはないのでしょうか。

危ないなあと思っていたら、実際スノーボードが滑り落ちていくのを見ました。

気をつけましょう。


Beijing Nanshan Ski Resort

Beijing Nanshan myself

BJ Nanshan snowboarding M

BJ Nanshan napping M



スポンサーサイト

[PR] 台湾語・中国語の翻訳

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yusukeminami.blog58.fc2.com/tb.php/66-8c1eeb06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

南山スキー場2回目

無事北京からアメリカに帰ってきました。 実は北京にいる間にもう1回スノーボードに行ってきました。 場所は前回と同じ南山スキー場... 奈良人 in CT【2009/01/20 12:50】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。