FC2ブログ
奈良人 in CT
1日1クリック

よろしくお願いします。

こんなやつです

Y

Author:Y

気になるトピックをどうぞ

最近の記事

これまでに書いた記事

全ての記事

全ての記事を表示する

Eメール送れます

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

websites

このブログをリンクに追加する

おすすめ外国語学習ソフト

アメリカのメインサイト:

Rosetta Stone - Fastest way to learn a language.

紹介記事はこちら

おすすめ外国語学習ソフト

日本のサイト:Rosetta World

ブログ内検索

他のブログ

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳

最重要書類 essay について
出願書類のうち、学校での成績に並んで最重要なのがessayです。日本語でエッセーというと、思いついたことをつれづれなるままに書くというイメージがありますが、出願書類のessayは自分が主張したいことを論理的に読み手に伝えるものです。構成も「intro→body→conclusion」というようにするのが基本です。


段落①: introduction(自分の主張を2、3文程度にまとめる)
段落②、③、④: body(自分の主張を自分の体験や具体例をあげて説明する)
段落⑤: conclusion(自分の主張をさらに別の言い方で言い換えて強調する)


これはTOEFL(CBT)のWritingと同じです。







自分の場合、出願書類のessayを書くのは本当にきつかったです。大学での試験勉強とかSAT、TOEFLとは比べものになりません、マジで。


僕が出願した7校が編入生に要求してくるessayは、

なぜ編入を志望するのかについてのessay(Statement of Purpose, SoP) (500語)
今までに経験した活動や出来事のうち一つを選んでそれについて書くessay (大学により150 or 500語)

の2つというパターンで、このうち特に志望理由のessayのほうが重要でした。


まあ、確かに生徒を選ぶ大学側からしてみれば、なぜ今の大学ではなくてうちの大学なのかというのは知りたいことだし、知らないと入学許可は出せないというのは納得できます。

でも、志望理由を書く側からしたらそんな500語以内できちんとまとめるなんてたまったものではない。

だいたい俺は昔から作文が苦手。

小学校のときから、日記は

「今日は○○に行ってきました。楽しかったです。」

が基本。

200字以上とかいう宿題の場合でも、読点(「、」)をいれまくったり、「~だ」を「~である」にしたりしてのりきっていた。字数が稼ぐことばっか考えてた記憶がある。

高校のときの夏休みの宿題の人権作文では、出さなくても何も言われないかなと思って出さなかったら、冬休み前に先生に出せって言われて途方にくれたあげくに、作文が得意な友達に書いてもらった。書ける人はすごい。その友達は違う内容の人権作文2つ書いたわけだし。Sくんありがとう!!


ただ自分の場合、日本語での作文はダメだったけど、英語でのWritingはまあまあできた。母国語でないというハンデを考えても、論理的な文章を書くときは英語のほうが書きやすい。1年半前のTOEFL(CBT)のWritingでも6点中4点はもらえた。

英語は論理的な文章を書くのに向いていると思う。もちろん、軽い文章なら日本語のほうがずっと書きやすい。(自分は日本生まれ、日本育ち。奈良県から出ることもあんまりなかったぐらい。)


まあそんなわけでとにかく苦労しました。

だいたい、大学の志望理由を論理的に説明するなんて元々無理があるやん! 一部の真面目な人は除いて、その大学を選んだ理由なんて「名門だから」とか「都会にあるから」とかいう理由が普通だと思う。もうちょっと考えてる人でも「自分が勉強したい専攻があるから」ぐらいで、そんなんできちんと整っていて論理的な文章なんて書けるわけあるか!!

そんなこんなで、半年前に書いたドラフトを今読んでみると、本当にまともな文章になってません。


最終的にやっと形になってきたってかんじです。

そのときの体験から言って、先ほどの「intro→body→conclusion」とかは最初はあんまり意識しないでいいと思います。とにかく、学校とか、家とかで思いついたアイデアをメモして、いいネタもボツになりそうなネタもひたすら思いつくままに書いて、最終的にちょっとずつ「intro→body→conclusion」に修正していったらいいと思います。一番しっくりくる英語表現、単語を選ぶのもこのときです。


スポンサーサイト

[PR] 台湾語・中国語の翻訳

テーマ:留学準備 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yusukeminami.blog58.fc2.com/tb.php/8-aca98ca9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。